nandemodou

世界最大容量 2TBのUSBメモリー!?


「宇宙から来た少女」「私は、神」少女はそう言った。「宇宙から来た少女」シリーズ。宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

変なものを見つけたのでご紹介します。w
一体何に使うんだ〜!「世界最大容量2TBのUSBメモリー」ww

最初に見たときは「なんだこれ!?」と思いました…。w

こちらは…

Kingston DataTraveler Ultimate GT DTUGT/2TB

という商品で、なんといっても「世界最大容量」が売りのUSBメモリーです。



税込26万円!w

容量も大きいのですが、価格も大きい(高い)です。w

[amazon_link asins=’B06X1CSCZB’ template=’Original1′ store=’nandemodou0d-22′ marketplace=’JP’ link_id=’9f77a67d-a7b0-4d9a-9207-7d5b0b3494ce’]

ちょっと笑っちゃいます。w

正直「2TBの容量のデータって、いくらくらいの価値になるんだろう?」と疑問になります…。

また、これだけ高価なUSBメモリーだと「気軽に持ち歩けない」という感じが否めません…。w

  • USBメモリー本体が26万円
  • データの価値はプライスレスw

つまり…

落としたらどうしよう!!

となりますよね…。w
普通に考えると。ww



何に使うの?

2TBという容量と26万円という価格。
普通に考えると「高価すぎるUSBメモリー」なんですが、もちろんそのあたり(用途)は考えて作られているようで…。

  • 4K・8Kの動画を保存する
  • 高解像度の写真を大量に保存する

がメインの用途(商品のターゲット)のようです。

4K・8Kの動画を保存する

4Kや8Kの動画は本当にでかい(大容量な)ので、持ち運びに苦労します…。
(皆さんがご覧になっている4Kや8Kの映像はこういう苦労の上に成り立っています。w)

例えば「編集を行ったデータを違うPCへ移動する」とき。
または「取り込んだデータを編集用PCへ移動する」とき。

社内のサーバーを介するのが一番手間がかからないのですが…。

社内ネットが1000Baseでつないであっても…
PC:A → サーバー → PC:B

という2度の手間がかかります。
その際、サーバーや社内ネットの混雑具合によっては「とても時間がかかる移動」になってしまい、正直使い勝手が良くありません。

また、この作業を行うことで「社内ネットに負荷がかかり、他のユーザーに迷惑がかかる」ことにもなるので、あまり良い方法とは言えません。

そこで、この手のデータの移動には「ポータブルHDD」や「ポータブルSSD」を使います。

2度の手間は変わらないのですが、他のユーザーに左右されない&他のユーザーに迷惑をかけないという点で、最も確実で移動時間が読める移動方法なのです。w

↓例えばこんなやつです

これらもUSB3.0で使い勝手は良いのですが…。

  • HDDにはHDDそのものの速度の壁があり
  • SSDには容量の壁がある

という問題があります。

HDDというのは「回転する円盤の上を読み取りヘッドが移動して、データを読み取る」ため、物理的な「速度の限界」が存在します。(だいたい100〜130Mbps)

SSDは(多分高価になればこの商品と同じことができるのですが)基本的に高価なので、大容量の商品はなかなかありません。

そこに一石を投じたのがこの商品なのです。

商品の宣伝文句によれば…

4Kの動画を最大70時間保存できる

これはすごい…。
ちょっと一般的な例を出します。w

映像マニアが4Kカメラを持って、旅行に行く

映像大好きな方が自前の高価な4Kカメラを持って旅行に行くとしましょう。

1日に大量に撮影しとして(回しっぱなしとかじゃなければ)3時間程度が撮影できます。

仮にフォーマットは「4K(3840x2160px) 30fps」としましょう。この場合、1分で0.4GBの容量が必要です(圧縮されています)。

なので、1日に必要な容量は「72GB」です。
このペースで5日間撮影したとすると「360GB」です。

これだと「512GBのSSDで足りる」ことになるのですが…。

「映像マニア」なので、高解像度で撮影したい とします。w

高解像度で撮影すると、4Kはおよそ40Mbpsなので…

1分:2.4GB
1日3時間:432GB
撮影を5日間: 2160GB = 2.16TB

となり、全然容量が足りないのです。w
さらに60fpsにすると、その倍なので…

1分:4.8GB
1日3時間:864GB
撮影を5日間: 4320GB = 4.32TB

です。w 512GBのSSDでは1日持ちません。ww

また、HDDの場合は大容量ですが「毎日寝る前にデータを移動しようとした」のに朝までに終わらず「次の日の撮影ができなかった」ということも考えられます…。

なので、大容量で高速なデバイスが必要なのです

動画は「高解像度で撮影して、編集で便利なサイズに落とし込みたい」ので、どうしても撮影は高解像度で行いたくなり、その結果「容量が足らない」ので、大容量なデバイスが必要です。

また、大容量であればあるほど「移動・コピーに時間がかかる」ので、高速である必要があるのです。

高解像度の写真を大量に保存する

こちらはちょっと微妙ですね…。

例えば「一眼レフで撮影した大量のデータを移動する」ということだと思うのですが。

こちらの場合は…

(4K・8Kの動画に比べて)1つのデータ容量が小さい

ので、それほど「この商品でないと」という重要性がありません。w むしろ「動画以外のデータ全般」に言えることです。w

動画の場合は「一つのデータの容量が大きい」ので、この手の大容量で速度の速いデバイスがとても重宝します。 というか「大容量じゃないと入らない」ので、困ります。w

ですが「小さなデータの集合体」の場合、分割して保存することができるため、この手の「高価な大容量デバイス」は必要ありません



実は速度はUSB3.0

この商品「USB3.1 gen1」を謳っていますが、gen1なので、速度自体は「USB3.0と同じ」なんです。

まぁ、gen2に対応したとしても元のメモリー速度が「300Mbps」だったら全く意味がありませんし、値段を下げるという意味でも妥当なのでしょう。w

ちなみに「USB3.1はUSB3.0・USB2.0・USB1.1にも互換があります」。

まぁ、USB3.0よりも下のVerで使ったらそれこそ「遅すぎて使えない」でしょうけれど…。(^_^;

何れにしても「便利そう」ではあるのですが、色々な意味で「落としたら怖いUSBメモリー」です…。orz

そ宇宙から来た少女 「私は、神」少女はそう言った。 「宇宙から来た少女」シリーズ 宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

関連コンテンツ