nandemodou

日本のGPS精度が上がる GPS衛星「みちびき」


「宇宙から来た少女」「私は、神」少女はそう言った。「宇宙から来た少女」シリーズ。宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

皆さんは日本が打ち上げた人工衛星「みちびき」をご存じでしょうか?

みちびきとは・・・

準天頂衛星システム(じゅんてんちょうえいせいシステム、Quasi-Zenith Satellite System、QZSS)は、主に日本地域向けに利用可能とする地域航法衛星システムを言う。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が準天頂衛星を用いてシステム構築を目指している。既に2010年9月11日に技術実証のための準天頂衛星初号機みちびき (QZS-1)が打ち上げられており、2017年から2019年までに衛星3基が追加で打ち上げられて、4基体制でシステムが運用されることが決定している。2014年12月に取りまとめる2025年度までの新宇宙基本計画ではさらに3基増やして7基体制にすることを明記する予定。

(from Wikipedia

というもので、簡単に言ってしまうと「日本でGPS衛星を打ち上げて、日本国内でのGPS環境をもっと良くしよう」という計画の為の衛星です。



現在のGPSシステムは

皆さんが現在使っているGPSはアメリカ軍のもので、それを民間に利用させるために「その一部」が解放されています。 つまり、本当のGPS衛星の機能(性能)は現在の20m精度なんてものではありません。w しかし、民間利用にはそれで十分であろうということで20m精度まで開放されています。

日本という特殊な環境

海に囲まれ、山の多い狭い土地に多くの人々が暮らしています。

また、東京オリンピックを目前に控えた今。 東京都内でのGPSの精度はかなり低く、20mどころか酷い時には50〜100m位の誤差がでます。

また「計測不能」というのも稀ではありません…。

というのも、東京はビルに囲まれた状態で、空高く浮かんでいる衛星の電波を同時に4個以上受け取ることなどできないのです…。
前記事でも書きましたが、GPSの原理は三角測量です。 故に多方向からの数多くの衛星電波を得るほどにその精度が上がります。

この状況を改善しようと、打ち上げられたのが「みちびき」です。
みちびきは「準天頂衛星システム」と呼ばれ、日本の真上付近を巡回する衛星で、(最終的には)ほぼ真上からGPS電波を発信します。 そのため、ビルの狭間であっても山間部であっても、真上付近から数基の衛星からの電波を受けることによって、その精度は(最良の状態で)cm単位にまで向上します

噂では、その新しいGPS衛星を使って2mの大きさの車の絵が描けるらしいです。w(それを車の絵だと認識できる程に精度が上がるということです)



今よりもGPSの精度が上がるとどうなるのか?

では、今よりもGPSの精度が上がって、cm精度になったらどうなるのか?考えてみます。w

◇カーナビで

カーナビの道案内が正確になります。
現状の20m精度は正直車の速度には合いません。w 私はカーナビで曲がるべき交差点を行き過ぎてしまった経験が何度もあります。(^_^;

カーナビの案内精度が上がらないと「あと300m」というのが嘘になってしまいます。しかし、それに慣れてくると「あ、ここだな」と分かってしまうものですが、それまでは正直上手に曲がることができません…。

これは「レンタカー」の時は顕著です。w

毎回初めての車で、初めてのカーナビな訳ですから…慣れなんてものはありません。ぶっつけ本番なのです…。w 故に何度も交差点を通り過ぎます…。orz

しかし、GPSの精度が上がり、どの車のどのカーナビでも「正しく残りの距離が表示される」様になれば、この様なミス(それ自体危険なんですよね…)も減らす事ができます。

◇待ち合わせで

「じゃ、ここで待ち合わせね」とGPSのポイント指定で友達と待ち合わせたのに、当日、時間になっても友達が現れない…。 「おかしいな?」と思って電話してみると、友達も同じ場所に居るとのこと…。

「よく聞いたら、建物の表と裏にいた」

なんて事が無くなるかもしれません。w

◇タイムカプセルで

10年前に埋めたタイムカプセル。

「あの木の根元」で合っている筈なのに、掘っても掘っても出てこない…。

これがcm精度のGPSになったら「すぐに出てきて、全員懐かしさに浸れる様になる」かも知れません。w



◇山登りで

山登りでのGPSは命綱です。 行きの道をLogしておいて、帰りはそれに沿って戻ろうとしたら「突然の霧で目の前が見えない状態」…。 しかしこのままココに夜まで居たら凍死してしまうかも…。

現在のGPS精度だと「崖から足を踏み外す危険」があるのですが、cm精度に上がれば正確に来た道を辿って帰れます。
※実際には霧で見えない状態で、GPSだけを頼りに歩くなんてことは危険すぎるのでやりません…。本当に緊急事態であれば、やるかも知れませんが…。

◇観測システムで

地形の観測など地震・噴火に対する観測システムは基本GPSを利用します。(多分この手のシステムは20m精度ではありませんが…) これまでの微妙な地形の動きがもっと正確に計測できるようになるでしょう。

◇自動誘導システムで

自動誘導と言うと色々なものを指してしまいますが、ここでは「自動車の自動運転」に関してです。

現在の自動運転はGPSだけに頼ってはいません。20mもずれたらそれこそ大事故になってしまいます。(^_^;
参考:「自動停止する車」の目指すもの

しかし、cm精度になったなら、GPSだけでレーンチェンジも可能になるかも知れません。w

◇IngressやポケモンGOで

GPSを使った陣取りゲームのIngressやポケモンGOでは、目的地の目の前に居るのに「画面上ではとんでもない場所にいる…」と言う事が無くなるかも知れません…。ww

 

などなど…。
GPSでの精度の向上は、様々な分野での応用が可能になる可能性を秘めているのです。



今後の予定

現在打ち上げられているのは「みちびき」の一機だけ。その一機でのテストが行われているという状態です。

一般に電波が使えるようになるのが2019年の予定。

準天頂衛星システム 計画予定

2010年9月    準天頂衛星初号機 「みちびき」 打ち上げ
2017年〜2019年 衛星3基を打ち上げ
2025年     さらに3基を打ち上げ、7基体制にする

という予定です。
2019年までの3基を打ち上げることで、2020(東京オリンピック)年の実用化を目指して、2025年の全7基で完成となるのでしょう。



民間が使えるようになるの?

答えは「YES」です。
但しこれには条件がありまして…。

現状のGPSシステムだけではダメで、新たに「準天頂衛星システムに対応した」機器が必要になります…。

まぁ、そうなると日本独自のGPSという不思議な状態になるので、「ガラケー」ならぬ「ガラGPS」って事になりそうですが…。

しかし、ガラケーが悪いとは思いません。 日本が日本の使い方にあった形に進化させた、オリジナルのケータイ電話な訳ですから。w

だとすると…ですよ? 現在不振の日本のスマホ業界もこの新たなGPSをキッカケに盛り返すかも知れませんね…。 その場合当然ですが、iPhoneはそれに対応する事が出来ず、日本ではiPhoneは衰退する…かも知れません…。w

但し、現状ではUSB端子に新たなGPS機器を接続することで使えるようになるらしいので、それが完成してくれたらどの機種でも利用可能になる可能性が高いです。

今後の行方が楽しみです。\(^o^)/

●続きの記事 「みちびき2号機」が打ち上げられます

そ宇宙から来た少女 「私は、神」少女はそう言った。 「宇宙から来た少女」シリーズ 宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

関連コンテンツ