nandemodou

Nintendo Switch「Playしながら充電できない!?」原因と対策(その2)


「宇宙から来た少女」「私は、神」少女はそう言った。「宇宙から来た少女」シリーズ。宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

前記事「Nintendo Switch「Playしながら充電できない!?」原因と対策」の続きです。

USBテスターを購入したので、今回は続きとして「実際に計測してみたらわかった事」をまとめます。

最初にポイントを書いておきます。w

  • 純正のACアダプターは凄い
  • 持ち運びと汎用性を考えると、市販のUSB充電器とケーブルのセット

です。



前記事でやり残していたこと

実は前記事でやり残していた事がありました。それは……

基準値となるであろう「任天堂純正のACアダプター」の性能がわからなかった事

です。言い換えると「必要な電力が不明だった」と言う事です。

これにより、比較値として「A(アンペア)」と「充電器に記載されている能力」を使いました。

ですが、実際に計測してみた結果、「充電器の能力を記載されている数値だけでは測れない(比較できない)」事がわかりました。orz

以下、その内容と結果です。m(__)m



計測方法

基本的には前記事と変わりません。

USBテスターはSwitch本体とケーブルの間に挟み、実際にSwitchに給電される電力を計測します。

↓こんな感じ。

任天堂純正「Switch用ACアダプター」を計測
任天堂純正「Switch用ACアダプター」を計測

また、比較するアイテムを増やしています。

Apple iPhoneに付属していた充電器

あの、iPhoneに付属している「1ポートの小さいやつ」です。

Switch本体に付属している「ACアダプター」

いわゆる「純正充電器」です。



計測結果

早速ですが、計測結果を先に書いてしまいます。w(これを先に出さないと話が進まないので。ww)

私なりの考察を後述していますので、ここは読み飛ばして頂いて構いません。w 後でご自分で確認されたいときに戻られると良いかと。

Switch本体
ケーブル
充電器
電力比 W V A
純正
よくある
11% 1.8848 4.96 0.38
安い
よくある
12% 1.9680 4.80 0.41
Anker
よくある
13% 2.2095 4.91 0.45
純正
Apple
24% 4.0587 4.89 0.83
安い
Apple
13% 2.1690 4.82 0.45
Anker
Apple
24% 4.0255 4.85 0.83
純正
Anker
41% 6.9310 4.78 1.45
安い
Anker
13% 2.1600 4.80 0.45
Anker
Anker
41% 6.9310 4.78 1.45
ACアダプター 100% 17.0520 14.70 1.16

ケーブル:
使用したケーブルの種類。

充電器:
使用した充電器の種類。

電力比:
任天堂純正の「ACアダプターで充電」する際の電力(W)を100%(基準値)としてそれ以外と比較する表記をつけました。正直ここだけ見れば比較できます。w



計測結果からわかること

それでは計測結果からわかることを書いてみます。

A(アンペア:電流)だけが重要じゃない。w

前記事では、とにかく「Aが重要」と言う書き方をしていました。これは「実測値が見えていない状態で、商品パラメーターから読み取れるものを、見える比較対象とするために書いたもの」です。

間違いではないんですが、実際の給電電力はAだけでは比べられない事が判明↓。

実際に測ってみたら……

A(アンペア)もV(ボルト)もバラバラ

なので、比較できないのです。ww

それならと思い、W(ワット:電力 = A x V)を比較値として利用することにしました。

安いケーブルと安い充電器は論外

前記事で「×」と書いた安いケーブルと充電器ですが。実際に計測してみると……

2W(ワット)(^_^;

で、良く見て頂きたいのですが。

充電器の性能がどんなによくても、ケーブルがダメなら2Wに下がってしまう

のです。さらに今回追加してみた「iPhoneの付属品」も……

4Wジャスト

なので、Playしながら充電には「どんなに画面を暗くしてもできなそう」です……。

比べてAnkerの充電器は……

7W

を出しています。このくらいの出力でやっと「画面を中位まで暗くすればPlayしながら充電できる」ようになります

純正「ACアダプター」の凄さ

専用に設計されているのですから「当然のこと」ではあるのですが……。w

この計測結果からわかるのは「純正のACアダプターはとても効率よく、急速充電が行えている」こと。

17Wって……。w

手持ちのどの組み合わせでも「(ACアダプターに比べて)電力比が41%以下」と言う状態で、純正の半分の出力すら出せないのです。w

「任天堂のACアダプターはバケモノか!?」

とか言われてしまいそうな位に凄いです。

では、その能力がはっきりしたテストを一つご紹介します。

Playしながらどのくらい早く充電できるかテスト

この計測結果を受けて「実際にPlayしながら充電したら、どのくらい早く充電できるのかな?」と思い、実際にテストしてみました。

テストしたのは

  • ACアダプター(17W)
  • Anker + Anker(7W)

で、ガチマッチです。

まず

明るさ最大の状態
  • ACアダプター : 1分1%上昇
  • Anker + Anker : 8分1%下降

次に

明るさを中位に抑えた状態
  • ACアダプター : 1分1%上昇
  • Anker + Anker : 8分1%上昇

いかがですか? バケモノですよね。w (^_^;

このデータで面白かったのが、ACアダプターはどんな負荷状態でも「常に1分で1%上がるように調整する」ところです。

単純に考えると「出力が半分なら、Anker側はACアダプターの倍の時間があれば同じ量の%を回復できる(2分あれば1%回復できる)」と思いがちなのですが、そうではありません。

(専用設計なので当たり前ですが)ACアダプターだけが非常に効率よく動いている(負荷状態に対応しながら電力を供給している)

と感じるのです。



充電効率だけで言ったらACアダプターには敵わないw

充電効率だけで言ったらACアダプターには敵わないw

そう言えますね。本当にバケモノです。ww

でも、実際にACアダプターを持ち歩いている方はとても少ないと思います。なぜでしょう?

ACアダプターは「充電効率と安全性」が最高で、それ以外を全て犠牲にしているものだと感じます。

故に……

  • ケーブルの長さ
  • 携帯性
  • 汎用性(USB Type-Cが1ポートしかないとか)

という点では他の市販品には負けてしまうのです。

どうでしょう?ACアダプターを持ち歩きますか?

私なら持ち歩きません。ww



ACアダプター以外で、Switchへ17W出力できるものはあるのか?

色々と調べてみたところ、一応「Switchへ17W出力できる市販品はある」のです。

あるのですが、そのサイトには「任天堂のサポートされていないものであり、自己責任でお願いします」と書かれていました

つまり……

ACアダプターと同じ出力で、ACアダプター以外のものを使って充電した場合、安全性が不明

という意味です。また、これら「大出力のUSB充電器には、Switch対応とは書かれていない」のです。

もちろんその他のUSB充電器に「Switch対応」と書かれているものはありません。w ですが、

17W出力ができるということは、7W出力を行うUSB充電器よりも、より危険度が増す

ということも言えると思います。

利便性を取るのか、安全性を取るのか

という意味ですね。

なので、ここではそれら「17W出力できる市販品」は紹介しません。危険度がわからないので……。(^_^;

※2018/12/07追記↓モバイルバッテリーならこれで解決
Nintendo Switchに最適化された急速充電可能なモバイルバッテリー登場!



なので私はAnkerセットを使います

なので、私は(前記事でもご紹介した)Anker + Anker を使い続けようと思います。

理由は……

(ACアダプターに比べたら)充電時間はかかるけど、携帯性・汎用性・安全面から考えると、これでいい

と思うからです。(^_^;

実際に「(時間はかかるけど)Playしながら充電できる」ので、個人的にはほぼ問題ありません。w



結論

以上を踏まえて実際に計測してみた結論です。

  • 充電効率だけを求めるなら、純正のACアダプター
  • 汎用性・携帯性で考えると、Ankerセットでいい

これが今回の私の結論です。

以上、「Nintendo Switch「Playしながら充電できない!?」原因と対策(その2)」でした〜。(^o^)/

Nintendo Switchの関連記事(タグアーカイブ)はこちら

そ宇宙から来た少女 「私は、神」少女はそう言った。 「宇宙から来た少女」シリーズ 宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

関連コンテンツ