nandemodou

そのテレビの音、大きくないですか? リモートスピーカー SC-MC10


「宇宙から来た少女」「私は、神」少女はそう言った。「宇宙から来た少女」シリーズ。宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

今日は、離れたところからテレビの音が聴ける「リモートスピーカー」について、書いてみたいと思います。

---

近所で「テレビがうるさい家」はありませんか?
夏になると、他人の家も、自分の家も窓を開けるので、余計にうるさく感じますよね。しかも暑くて眠れずイライラしているのに…。(^_^;

でも、もしかすると自分の家も、そうなのかもしれません…。

テレビがうるさい。単純に書くと「テレビのボリュームが大きい」ということですね。では、なぜそこまでテレビのボリュームを大きくする必要があるのでしょうか?

  • 老化のため、聞き辛くなっているから
  • テレビと見ている人の距離が遠いから
  • 深夜で音が通りやすくなっているから

大きく分けるとこの3点だと思います。

◇老化のため、聞き辛くなっているから

これは、仕方がないことではあるのですが、周囲には迷惑をかけているのかも知れません。 老化による聞き辛さというのは人によって様々ですが、一般的には「高音が聞き辛くなる」といわれています。

「モスキート音」もそうですね。私は全然聞こえなくてかなり衝撃を受けました…。orz そのため、音声が聞き辛くなります。特に「女性の声が聞き取れない」とか、「子音を含む人間の言葉(あ行やさ行)」が聞き取れなくなるのだそうです。 最近、女性に「え?」と聞き返すことが多くなったアナタ…要注意です。w

◇テレビと見ている人の距離が遠いから

音は距離によって減衰します。それは音が空気振動によって伝わるからで、遠くなればなるほど音は小さくなります。 そこに老人性難聴が加わると、さらに影響は顕著です。

しかし、地デジ化した際に「この際思い切って、大きなテレビに買い替えた」という方も多い筈(私もその一人です…)。 テレビが大きくなると、少し離れていても見える。 つまり「離れて見える」と言うことは「離れられる」ということを意味します。

「ここからでも見える〜♪」と喜ぶのは束の間。 すぐに慣れてしまい、それが通常のテレビとの生活距離になってしまいます。 こうなると、距離は離れても、音は届きませんから「結果的にボリュームを上げる」ことになり、それが新しいテレビであれば「今までは22だったのに、最近は35じゃないと聞こえない……」とは思いません。新しいテレビの基準がそこ(遠い距離で聞こえるボリューム)になってしまうので。

◇深夜で音が通りやすくなっているから

これは聞き手側の話です。夜…「自分は寝たいのに、隣の家のテレビがうるさい」そう感じる事……ありますよね。これは、聞く側の環境ボリュームが下がったことによって、より小さい音が聞こえるようになったということです。自分がテレビを見ていたら気にならないのに、自分が静かにしたいときは気になる。

まぁ、当たり前なんですが勝手な話でもあるのですよね…。(^_^;
つまり、自分がその加害者になっている可能性だってあるのです。



そこで、解決策は…

スピーカーを自由に持ち運べる様にする

です。w
それがこちら↓。

Panasonic コンパクトスピーカーシステム ブラック SC-MC10-K
(白もあります)

テレビの音をBluetoothで飛ばして、手元のスピーカーから流す仕組みです。もちろん、技適マークもついてます。ww
Speaker_0000

この製品は、私が実際に数年は使っているもの。実家の両親が遊びに来た際にえらく気に入っていたので、実家用にも買ってあげたら喜んでいました。本人はテレビのボリュームを気にしていた(実際に実家の近所にテレビのうるさい家がある)ようなのですが、対策を知らなかったそうで…。(^_^;

製品構成は、テレビ側に設置して電波を飛ばす親機と、電波を受けて音を出す子機で構成されています。

ご丁寧に、親機用の充電器と子機用の充電器の2つが入っており、どちらもコンセントが近ければ、給電したままでずっと使えます。 ですがこの製品の魅力は「無線」!

私は親機(テレビ側)はコンセントに繋ぎ、子機側は充電池(エネループとか)を使っています。もちろん、突然電池がなくなって音が切れるのですが、だいたい3時間くらいは持っているので、1番組見る程度ならば全く問題がありません。(自宅はリビングからダイニングが少し離れています)

テレビの音は、イヤホンジャックから取得し、親機がそれをBluetoothで飛ばします。

(当然ですが)イヤホンジャックを使うとテレビから音は出ません。ですが、テレビに音声出力端子が付いているなら、テレビから音を出しながら、このリモートスピーカーに同時に音を出すことができます。(音声出力用にステレオミニ→ステレオコンポジット端子(赤白端子)変換器が付いています)

スピーカーが無線 と言う便利さは、正直使ってみないとわからないと思います。ww

例えば…

  • 妻がテレビの前で(テレビの音を聞きながら)見てる。 私は少し離れたテーブル席で「リモートスピーカー」を使って音を聞きながら、テレビをみている。こうすると、両方テレビのボリュームを下げることができます。
  • 妻がテレビの前で(テレビの音を聞きながら)見ている。私はキッチンでタバコを吸いながら「リモートスピーカー」で音を聞きながらテレビを見る。

という事が可能になります。

実は自宅の換気扇がシロコファン(扇風機みたいな羽ではなく、円筒状の羽の送風ファン)なので、音がうるさいのです…。なのでキッチンに居ると、テレビの前の妻の声も聞こえませんし、当然テレビの音も聞こえません。

ですが、これを使うと、ちゃんとテレビの音を聞きながら「少し離れた・騒音の大きい場所からテレビを見ることができる」様になります。

この差は大きいです……。

子機の背面は↓こうなっていて
Speaker_0001
(左から)

  • 電源(赤ボタン)
  • Bluetooth接続ボタン
  • (ここに電源用のミニUSB端子があります)
  • ボリューム -
  • ボリューム +

という感じ。手元で(自分用に)ボリュームを変えられるので、とても便利です。
また、音質は文句ありません。w もちろん音楽を聞く目的だと違いますが、音声を楽しむテレビなら全く問題ありません。ww
と言うのも…。

この10cm程度の小さな体に2つのスピーカーが入っており、ステレオなんです。w 流石にサラウンドではないんですが…。音質がヴァーチャルサラウンドとでも言いましょうか。あの「嘘サラウンド機能」あるじゃないですか? 丁度ああいう音質なので、とても声が聞きやすいのです。

で。難点を挙げますと。

  • 電子レンジを使うと、音が途切れます

これはBluetooth全般に言える事だとは思いますが、電子レンジってやっぱり電波が強いんですね…。まぁ、マイクロ波だから当然と言えば当然かも知れませんが…。w

---

それから、他にも似た製品があったのですが、最終的にこれにして良かったと思います。 現状不満はないので…。(^_^;

もし「ウチのテレビの音って、大きいかも」と思われたら、是非お試しあれ。(^o^)/

あれ…すんげー安くなってる…。orz

※SC-MC10は生産終了。↓こちらが最新機種です。

↓最新機種は「より聞きやすくする」というボタンがつき、最初から充電池が入っています。

その他「家電」タブはこちらから

そ宇宙から来た少女 「私は、神」少女はそう言った。 「宇宙から来た少女」シリーズ 宇宙から来た不思議な少女と周囲の人々が織りなす、突拍子も無い物語が始まる!

関連コンテンツ